Copyright (C) 2010 KumikoTakano All Rights Reserved

Profile

TAKANO KUMIKO

たかの    くみこ

 

東京生まれ、ソプラノ歌手。東京芸術大学声楽科卒業。

3歳のときより歌を学び始め、久城里絵子、戸田敏子、岡崎実敏の各氏に師事。

1981年イタリア・ミラノ・ヴェルディ音楽院にてマリア・カルボーネ女史の指導を受ける。1987年2月、東京オペラプロデュース第32回定期公演「蝶々夫人」のタイトルロールでオペラデビュー、その後「リゴレット」「シモン・ボッカネグラ」などに出演。

1989、'90年東京オペラプロデュース公演、ロッシーニ作曲「オテロ」(日本初演)のデズデモーナで主演。1990年フランス・アルザス県に招かれ「蝶々夫人」のタイトルロールを演じた。

1991年6月東京オペラプロデュース公演「ドン・ジョバンニ」でドンナ・エルヴィラを、同年9月、オペラブッファ「ビバ!・ラ・マンマ」でコリッラを演じる。'92年2月の「魔笛」ではパミーナを好演、同年9月「オテロ」の原語日本初演では、デズデモーナを演じて好評を博す。

1993年3月と12月の「椿姫」ではヴィオレッタを熱演する。1994年3月、「ラ・ボエーム」のミミを'95年11月、「トスカ」のタイトルロールを演じてプッチーニの三大オペラ「蝶々夫人」「ラ・ボエーム」「トスカ」の主役を達成する。

1989年10月の東急文化村オープニング公演、「ホフマン物語」のジュリエッタ役の出演を機にミュージカルにも多数出演し、「マドモアゼル・モーツァルト」「カルメンを愛した伯爵夫人」「シンデレラ」「ザ・クラブ」「白雪姫」「眠りの森の美女」など全国展開の公演でファン層を広げ毎年のリサイタルや定期コンサート、ディナーショーなど、オペラからポピュラーまで幅広く歌いこなす実力派。

2001年5月、チェコのプラハの春音楽祭オープニングイベントオペラ「蝶々夫人」をチェコ国立歌劇場にてタイトルロールを演じ好評を博す。現在、東京・大阪を中心に意欲的に演奏活動を行なっている。
平成4年度、文化庁芸術インターンシップ研修員終了。

〔ショートバージョン〕

ソプラノ歌手。

東京芸術大学声楽科卒業。

3歳より歌を学び始め、久城里絵子、戸田敏子、岡崎実敏の各氏に師事。1987年東京オペラプロデュース公演「蝶々夫人」のタイトルロールでオペラデビュー。

以後「椿姫」「ラ・ボエーム」「トスカ」など数々のオペラ作品で主演。また、東急文化村オープニング公演「ホフマン物語」や音楽座「マドモアゼル・モーツァルト」などミュージカルにも多く出演し、全国展開の公演でファン層を広げ、2001年チェコのプラハの春音楽祭で「蝶々夫人」をチェコ国立歌劇場にてタイトルロールを演じ好評を博す。

平成4年度、文化庁芸術インターンシップ研修員終了。